一般社団法人人事・労務エキスパート協

東京で労務監査のニーズに応える真のエキスパートを養成しております

お問い合わせはこちら

労務監査人とは

労務監査人について

ABOUT

「労務監査人」資格認定制度について

労務監査の知識・技能の習得

「労務監査人®」は、当協会が主催する労務監査人資格認定制度に基づき労務監査の知識・技能を習得された方に認定付与する当協会独自の資格名称です。
・認定は、「労務監査人養成講座」又は「労務監査人実践ゼミナール」の受講修了証の交付を受けた方を対象に、ご本人の申請に基づき審査・認定を致します。
・資格有効期間は3年です。資格有効期間中は「法改正講座」など当協会及び提携団体が開催する講座をご受講いただけます。これらを含む指定講習の受講により資格有効期間を更新することができます。
・資格認定者のご希望により士業会員登録を行い、士業会員の方々には「会員サークル」への参加、「労務監査人のご案内」ページへの掲載、「指定講習」の自由受講や協会業務の委託・受託業務の再委託等、労務監査人としての活動支援をいたします。

労務監査人資格の認定要件

協会講習の受講

労務監査人資格は次にあげるいずれかの条件を満たすことで認定付与されます。
・労務監査人養成講座を受講・修了し、資格認定申請書所定の項目をすべて記述し提出。提出された申請書の記述内容をもとに理事会にて認定付与が適当であると判断したこと。(判断基準は、人事労務分野における実務経験、保有資格によります。)
・労務監査人実践ゼミナールを受講・修了し、資格認定申請書所定の項目をすべて記述し提出したこと。(労務監査人実践ゼミナール受講修了により審査基準を満たします。)
※認定期間(3年)更新の際には更新要件(指定講習の受講)を満たす必要がございます。

労働環境の整備と働き方改革の実現

LABOR AUDIT

人事・労務という企業経営の重要な要素におけるコンプライアンスの適正化と、働き方改革の実現を目指した活動を続けてまいりました。とりわけ、健全な労働環境の土台とも言える労務監査を適正に実施できるエキスパートとして労務監査人を養成するための講座やゼミナール、資格認定制度に力を入れています。ますます拡大していく事業や取り組みのモットーをご紹介いたします。


事業の発展・拡大

個性と能力が発揮される世の中へ

働き方改革による労働環境の整備や女性活躍社会の推進、労働者の価値観の多様化などが社会に浸透しつつあります。一方で、生産性の向上につながっていかない現実もあります。必ずしも労働者一人ひとりの個性と能力を活かせる就労機会が増えているとも言えません。

当協会では、雇用創出の担い手となる企業における人事・労務の問題を改善へと導くことで正当な事業の発展拡大につなげるとともに、誰もが安心して働ける組織、ワークライフバランスを実現するための取り組みを続けております。

良質な労働環境を実現させるために

人事・労務エキスパートの活躍の場、企業の労働環境の向上

社会保険労務士の先生方や人事職のご経験者等、人事労務分野の知識と経験を有する方々にご参加いただき、その能力を活用できる機会を開拓、提供することによって人事・労務エキスパートとしての活動を高めます。

また、法人会員をはじめとする企業の皆様には、社会保険労務士を中心とした人事・労務専門家の知識と経験をご利用いただき、良質な労働環境づくりによる新規採用力の向上、優良社員の雇用の安定による人材面での生産性の向上を実現していただければ幸いです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。